Open Collar – #RLVフォルダ使用(別途最新記事あり)

「読んだら、少しだけOpen Collarが分かった気になるかもしれない講座」です。
今回は「#RLVフォルダの使い方」についてです。

この記事は Legacy Stuff をインストールしてたり、古いバージョンの首輪を使っている人用の記事になります。
最新情報はFoldersをチェックしてください。

★*゚*☆*゚**゚*☆*゚*★*゚*☆*゚**゚*☆*゚*★*゚*☆*゚**゚*☆*゚*★

前回の「Open Collar – #RLVフォルダ作成」で奴隷ちゃんが準備してくれていたら、お人形のごとく着替えさせたりできます。
説明もその記事で作成したものを使いますので、見比べたり読み変えたりしてください。


で、ここからの操作は主様が頑張ることになります。

その前に、奴隷ちゃんらしからぬ煽りのワンショット。
単にこのアングルじゃないとスカートの破綻が見えたりするだけです。

では本題へ。
 *menu でメニューから #Folder まで辿るのですが、面倒なので *rlv でやると楽です。
# * などについては、過去の記事「Open Collar – チャットコマンド」を参考にしてください。

 # Folder というフォルダがありますので選択します。

着脱できるフォルダリストが出てきますので、そこから着せたい or 脱がせたい服を選びます。

 Detach this (脱がせる)か Add this (着せる)が出てきます。
MOREちゃんがすでに着ている服なので、 Detach this を選びます。

で、脱がされちゃいました。

次は、トップスとショーツを着せちゃいます。
前回の記事で説明したようなフォルダ配置だと、一気にでも一つずつでも脱着できます。

まずは一気に装着の場合です。
フォルダを選ぶと Action というのがあるので選択します。

その次ですが、すでに着ている服の場合は↓のように Detach all が出てきます。

あとは装着具合によって Add all Detach all などが出る場合もありますので、そのあたりは雰囲気で(投げた)。

ではサブフォルダ単位での装着です。
ここからショーツを着せてみます。

そうすると、こんなふうにショーツだけ穿かせることができます。

で、トップスだけを着せるのはこのメニューで。

これでトップスだけを着せることもできます。

命令で着替えさせるのも楽しいですが、強制的に着替えさせるのが好きな主様なら奴隷ちゃんに#RLVフォルダの作成を頑張ってもらいましょう。
もちろん、主様の命令なら逆らえないですよね?

追記

奴隷ちゃんに持たせたい物が譲渡可のアイテムでしたら、フォルダ名の頭に #RLV/~ を付けて渡すと、自動的に#RLVフォルダに追加できます。

さらに追記

チャットコマンドで追加する方法、やっと分かりました。
フォルダ名の頭についている + がキーポイントだったみたいです。

まず、 +shorts フォルダの中身を着脱するには、頭にある + を無視? すればできました。
下記説明は +shorts にて説明。

# +shorts
直下のフォルダを追加
# ++shorts
サブフォルダも全て追加
# -shorts
直下のフォルダを外す
# –shorts
サブフォルダも全て外す
# &shorts
直下のフォルダを追加
# &&shorts
サブフォルダも全て追加

試してみたら ++ と && はどちらも追加になってるようで。