Omega RLV Outfit Kit – RLV Outfit Applier

アウトフィットで保存した服に着替える時、アプライヤー下着派だとこういう悲劇が起きますよね…

可愛い服なのに、前回別の服を着ていたときの下着が残ってるという。
下着としてはこんな状態に。

ちゃんとアプライヤーで下着を変えればいいのですが、 RLV Outfit Applier を設定して装着したら自動的に設定した下着を適用させることができます。

やっとRLVの話っぽくなってきました。
要は設定済みのRLV Outfit Applierを#RLVフォルダやOutfitsフォルダに入れればいいわけですからね。

#RLVフォルダについてはOpen Collar – #RLVフォルダ作成Open Collar – #RLVフォルダ使用を、OutfitsについてはOpen Collar – Outfitsをご覧ください。



なお、前提としてOmega RLV Outfit Kitの準備編をお読みください。


そちらに書いている通り、残念ですが現時点ではMaitreya未対応です。
MaitreyaでもOmega Relay HUDの確認ダイアログを押せば対応できています。
今回はSlink Physiqueにて説明していきます。

作業としては前記事Omega RLV Outfit Kit – RLV Makeup Applierと似たような感じです。
まずは RLV Outfit Applier をRezし、分かりやすい名前に変更しておきます。

そして下着HUDを登録すればいいのですが、今回設定したいのはブラ無しなのです。
設定としてはignoreでもloadedでもなく、 clear にします。
初期状態で Bra: clear になっているので今回はセーフ? なのですが、他のレイヤーなどにも設定をしたい場合には RLV Combined HUD を使います。

RLV Combined HUDはRLV Makeup Applierにも同じように使えます。

ただ厄介なのは、使い方に癖があるんですよね。
さきほどの画像は、実はBodyのConfig状態なのです。白がアクティブ状態ではなく、グレーがアクティブ状態です。
逆のほうがしっくり来るんですけどね…
で、赤いバツ印でignore(そのパーツに関しては触らない・何も変更しない)状態に、ピンク色の消しゴム? でclear(そのパーツのレイヤーを透明にする)に設定できます。

下着アプライヤーを装着し、クリックして Undies: loaded にします。
ノーブラにしたいので Bra: clear になっているかも確認してください。

設定済みのRLV Outfit Applierを回収して装着するだけで、設定した通りに下着が変更されました。

これで先ほどのような悲劇は起こらなくなるかと。

こうやって設定したRLV Outfit Applierをアウトフィットに登録したり、#RLVフォルダやOutfitsフォルダに入れておけば解決、というわけです。

以上でOmega RLV Outfit Kitに関しての記事は一旦終了ですが、 RLV Control Relay がどういうものかは謎のままです。
新しく情報を仕入れたら追記や新記事にて取り上げられれば、と思います。

Clothes: [WellMade] Peyton Outfit(Group Gift)
Lingerie: ~Blacklace~ Kindle: Black Set, ~Blacklace~ Rousing Caress Floral Set(Past Group Gift)

追記

RLV Outfit Applierの説明欄を書き換えると、自動的にRLV Outfit Applierを取り外すことができます。
まず、標準の状態。説明欄には auto-detach:off:delay:0.1 と書いてあります。

これを auto-detach:on:delay:5.0 などに修正すると、服を適用して自動的に外れます。
数字はお好みで。短いとアウトフィットを保存する前に外れちゃったりします。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする