Omega RLV Outfit Kit – 入手や前準備など

今回は Omega RLV Outfit Kit の準備編ということで。

Redeliveryシステムを見ていて偶然に発掘したのが Omega RLV Outfit Kit です。
たぶん、RLVというのが気になって買ったのでしょうね。

Outfit Kitと言う名前なのですが、その中に RLV Makeup Applier というのも入っています。
公式サイトの Omega RLV Outfit Kit というページに設定の仕方やら何やらいろいろと書いてありますが、どうもこれはRLVフォルダなどを使って脱着するようにできるというより、「装着したら一気にメイクなりレイヤー服なりを自動的に着せるもの」と考えて使えば良さそうです。

マーケットプレイスでも[OS] Omega Applier System – RLV Outfit Kitから購入できるのですが、バージョンが古いのでインワールドストアにて購入したほうが良さそうです。
Omega Solutions

Slinkボディでしたらマーケットプレイスやインワールドストアにて Omega System Kit – Slink を購入し、ボディパーツと一緒に装着してクリックすると、Omegaのインストールができます。
これでOmega用の服などが使えるようになります。

ただ困ったことに、Maitreyaでは使えないんですよね。
アプライヤーをクリックしたときに、どのレイヤーに適用するか確認のダイアログが出る物は全部アウトのようです。

MaitreyaでもOmega Relay HUDのダイアログを押す手間があるものの、対応しています。

CATWAはDEMOで試す限りではOmegaが使えませんでした。
マケプレに Omega System Kit – Catwa というのが販売されているので、インストールすれば使えるのかな。

以降、LAQ HeadとOmegaインストール済みのSlink Physiqueにて別記事で説明していきます。

Windlight : CalWL
Head : LAQ Bree and Default Lips 01

続く。
っていうか、続けないといけないですね。

シェアする

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする