Maitreya Auto Hide

SlinkのAuto Hideを説明したのですが、それを書こうと思ったきっかけはフレのせいなぁがMaitreya Auto Hideの記事を投稿していて、それがむっちゃ便利なことに目覚めちゃったからです。

この記事は、執筆者のせいなぁへ確認をとった上、りん名義で掲載しています。
ということで、どうぞ~

★*゚*☆*゚**゚*☆*゚*★*゚*☆*゚**゚*☆*゚*★*゚*☆*゚**゚*☆*゚*★

ハロッо( ̄▽ ̄о)(о ̄▽ ̄)оハロ~

せいなぁです^^
Maitreyaユーザーの皆さん
MaitreyaのAutoHideって使ってます?

購入(手に入れた)服にすでにその機能が入ってるものもありますが
服を着たとき、はみ出したボディー毎回手動でアルファ設定してボディー消さなくても
服の追加(装着)と同時にアルファ設定をすることが出来ます。

それではまず、Maitreyaのお店に行って、
Maitreya Mesh Body AutoHide for Mesh – V4をもらって下さい。(無料)
Maitreya Mesh Body の販売ベンダーの横にあるパネルから入手します。

4つあるパネルの一番上です。

このパネル(AUTO-HIDING KIT)です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それでは始めましょう、最初にAutoHideを設定したいメッシュ服を着ます。
そして服から体の部分がはみ出すパーツをMaitreya HUDで選んで消します。

注( 間違えて余分な部分まで消していないか、ちゃんと確認しましょう
特に手と足はHUDに表示されていないので注意が必要です。)

ここで、メッシュ服にスクリプト入れるのですが、服が編集可能じゃないと、
入れることが出来ないので編集可能/不可の場合に分けて説明します。

<<<服が編集可能で、服自体にスクリプト入れられる場合>>>

装着したままではスクリプトを入れることが出来ないので、
メッシュ服を地面にRezしてください。

注(自宅、SandBoxなど、Rezできる場所でおこなって下さい)

お店でもらって来た「Maitreya Mesh Body AutoHide for Mesh-V4」フォルダーの中の
「Maitreya AutoHide BodyFaces V4」スクリプトをメッシュ服に入れます。
服をタッチして画面右上に出るダイアログメニューから「GetAlpha」を押すと

先ほど設定したMaitreya HUD上のアルファデータを読み込みます。
そして「Finalize」を押すと保存され終了となります。

また、ちゃんと読み込んでいるか確認する為、
Maitreya HUDでSHOW ALLで一度全部戻し、
ダイアログメニューの「Test Alpha」押して、ちゃんと消えるか確認しましょう。

注(「Finalize」すると変更できなくなりますので、
その前に「Test Alpha」した方がいいかもしれません。
「Finalize」するとスクリプト入れるとこから、やり直しです。

そのメッシュ服を着たり、脱いだりするとそれに合わせてAutoHide機能が働きます。

 

<<<服が編集不可で、服自体にスクリプト入れられない場合>>>

服が編集不可の場合、服自体にはスクリプト入れられないので
代わりに小さなオブジェクト(プリム)を作って、そこにスクリプト入れます。

(スクリプトの入れ方、アルファデータの読み込みは先程と同じです)
その小さなオブジェクト(プリム)を服と同時に装着(追加)/外す、
することでAutoHide機能を働かせます。

注( 服とオブジェクトをリンクしなくてもOKです。
服ごとにオブジェクト作ってください。)

オブジェクトは外から見えないよう体の中に装着(追加)した方がいいと思います。
例 (装着先を腹にしています。(分かりやすいように腹の部分消しています))

アウトフィット登録すれば、いちいち手動でアルファ設定しなくても
お着替えと同時にアルファの設定切り替わるので便利ですよ~。

もう疲れたので、寝るぅ~~~~!またね~

★*゚*☆*゚**゚*☆*゚*★*゚*☆*゚**゚*☆*゚*★*゚*☆*゚**゚*☆*゚*★

転載は以上です。
せいなぁ、お疲れ様です & 転載許可ありがとうございます。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする